連帯保証人の準備が難しい場合には保証会社に相談しましょう

マンション

保証会社利用で連帯保証人がいなくても賃貸物件を借りられる

窓辺

賃貸契約締結にあたり、賃貸マンションなどの物件を貸す側は、家賃滞納が発生した場合に備えておく必要があります。本来は、マンションの借主が確実に家賃を払ってくれれば一番いいのですが、必ずしもすべての借主が毎月着々と家賃を払ってくれるわけではありません。そこで、従来は、家賃滞納に備えて、賃貸契約の際に連帯保証人を求めるのが通例でした。しかし、近年、連帯保証人になってくれる身内という存在がない借主が増加してきたことで、代わりに保証会社を利用するという方法が定着してきました。
保証会社が何を保証するのかというと、一口に言えば、その内容は、家賃債務保証ということになります。つまり、借主が家賃を滞納した場合、保証会社が連帯保証人に代わって、貸主に家賃を払います。保証会社利用のため、借主は、家賃に加えて保証料を支払うという仕組みになっています。このため、連帯保証人ありの賃貸契約に比べれば、保証料の分、借主の月々の支払が増える計算になります。
しかし、連帯保証人が見つけられない場合、そもそも部屋を借りることが出来ず、生活する場所を確保できなくて困ってしまうでしょう。保証料を負担することで、保証会社を利用でき、とりあえずは住居を確保することが出来るメリットは大きいと言えるでしょう。

保証人が見つからない場合は保証会社を利用しましょう

新たに住む場所であるアパートやマンションなどの賃貸契約をする際に、第三者の保証人が必要となってきます。そんな時、保証人が見つけられなかったり、頼めそうな人が居なくて困っているなら、保証会社を利用して専門業者に保証人になってもらいましょう。
保証会社では、賃貸契約の際に必要となる連帯保証人を、保証会社の第三者が家賃、債務を引き受けてくれます。
連帯保証人がいないという場合でも、保証会社を利用することで保証人となってくれるので、賃貸物件を借りることができるようになります。
国籍や職業、年齢は問わず、高齢者の方や外国人の方でも利用できますので、賃貸契約を結んで部屋を借りたいという場合に利用してみてください。
様々な理由があって、親やきょうだいなどの親族には連帯保証人になってもらうことを頼めなかったりする場合、保証会社に連帯保証人となってもらえば、万が一家賃を滞納してしまった場合や、何らかの理由により家賃が払えなくなってしまったときに保証となりますので、保証会社に依頼して家賃債務保証、連帯保証人契約を結んでもらいましょう。
自身の責任の範囲内で賃貸を借りることができるようになりますので、是非保証会社を利用してみてください。

高齢になっても保証会社活用で賃貸マンションの契約が可能

高齢化社会という言葉を耳にするようになって随分久しいですが、この現象の影響は、生活の様々な面で見られます。例えば、賃貸マンションの契約をするのに、連帯保証人の役をお願いできる身内が見つからない人が激増したことも、その一つです。家族がいる間は、賃貸物件の契約では身内に連帯保証人になってもらえたのに、自分一人だけが長生きして、身内全員に先立たれたらどうでしょうか。今後も賃貸マンションで生活を続けていくためには、連帯保証人を確保できないと、住む場所も確保できないという死活問題に直面します。
しかし、そんな場合も心配は無用です。最近では、こうした社会の現状を反映して、保証会社を利用すれば賃貸契約を結べるシステムを導入している不動産業者が多いからです。入居者は、月々の賃料に加えて保証料を支払い、それによって、万が一家賃滞納してしまった場合は、家賃債務保証の責を保証会社が担ってくれます。つまり借主に代わって、賃料を立替払いしてくれるのです。
利用する保証会社は、不動産業者が指定するところの場合が多いです。連帯保証人がいないことで、借りられる賃貸物件が見つからず困っている方は、保証会社利用で契約できる物件を探しましょう。


高齢になっても保証会社の【エルズサポート】に依頼することで賃貸マンションの契約が可能になりますよ!お困りの際は一度相談してみてくださいね!

update article